あまぎ・あさくら路しるべ 甘木・朝倉広域市町村圏事務組合
組合
甘木朝倉について
甘木朝倉ふるさと
公共施設
リンク
 

トップページ > 組合トップ > 希声館

勝海舟による書 希声館は、長い歴史を持つ旧朝倉郡公会堂の別称「希声館」に由来する。
希声館の誕生は、明治22年にさかのぼる。
当時、旧藩政の殻を脱ぎ、新しい明治の政治体制を迎えて、この地域にも政党政治や大衆参政の潮流が起きてくる。こうした動きの中で大集会の会場が必要となり、有志の手で建てられたのが朝倉郡公会堂である。
大正11年にこの公会堂は、現在の市町村会館の敷地に建て替えられ、朝倉地方の自治や住民運動を支える重要な使命を果たしてきた。
そして、昭和も戦後となり、市町村合併、広域市町村圏の発足とともに、旧朝倉郡公会堂は、甘木・朝倉市町村会館として生まれ変わったが、その血脈は、地方自治の振興、住民の政治・文化活動の拠点として生き続け、発展していくであろう。
さて、「希声館」の名称は、いま市町村会館大会議室に、勝海舟の筆による大篇額に遺されているばかりか、西鉄バス停留所名には、当時のままに「希声館前」として生きている。
残念なことに、命名の意味や勝海舟との関係などについては詳ではない。