あまぎ・あさくら路しるべ 甘木・朝倉広域市町村圏事務組合
組合
甘木朝倉について
公共施設
リンク
 

トップページ > 甘木・朝倉消防本部トップ >消防本部からのお知らせ

消防本部からのお知らせ
令和元年度第1回甲種 防火管理新規講習会について

 

 

令和元年度

第1回甲種防火管理新規講習は

終了いたしました。

 

防火管理者とは、収容人員とは
防火管理者は、その事業所建物の収容人員が一定以上の人員のところに必要です。事業所の管理権原者は防火管理者の資格を持った人を選任し消防署に届け出る義務があります。
この講習会(2日間)を修了すると防火管理者の資格を得ることができます。
収容人員とは、その建物に収容できる人の数で、算定方法は消防法令で決められています。(例えば、病院なら従業者の数、ベットの数、待合室はその面積を3uで割った数のそれぞれの合計です。)
この収容人員が、不特定の人が集まる事業所(集会場、店舗、飲食店、ホテル等)や、災害時、老人・病人・幼児等避難する際に時間がかかるような人がいる施設では30人以上(特に特別養護老人ホームや高齢者認知症グループホームなどは10人以上です。)これ以外の建物(事務所、工場、学校など)は50人以上が防火管理者が該当します。
以上は概要を書いていますので、詳しいことは、甘木・朝倉消防本部予防課 電話23−2752までお問い合わせください。

次回の甲種防火管理新規講習会は、
令和元年12月5日、6日を予定しています。
 

 
更新日:[2019.6.7]